IMG_4159
まだほとんどの方が知らない新しいタイプのSNSです。



「Cryptopurr」って何?

FullSizeRender

Cryptopurrは、ブロックチェーンゲームであるCryptoKittiesのキティ(ERC721トークン)を使ってコミュニケーションをすることができる次世代SNSです。


ブロックチェーンゲームなどで手に入るゲームアイテムやキャラクターは、基本的にゲーム内で使うか売買するかしか利用手段ってないですよね?


しかし、開発元で分散型プラットフォームであるuserfeedsは、このERC721をほかのサービスに適用できないか?と考え、


キティのためのFacebook


であるCryptopurrを作り上げたというわけです!
発想が斬新ですよね!



始め方

まずはCryptoKittiesのサイトにいってキティを用意しましょう!


FullSizeRender

「Start meow」を選択し、各々の情報を入力して登録完了


IMG_4153

右上の「Marketplace」でキティを買います


FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

もしかしたらキティって高いんじゃ?と思われている方もいらっしゃるとは思いますが、実際には0.0027ETH(約180円)ぐらいから買えます!


実際、私は↓のキティを0.003ETHで買いました!

FullSizeRender

手頃にゲットできるので1番安いキティで十分です!




次にCryptopurrのサイトに移動なのですが...
その前にやっておくことがあります。


通常dAppsを利用したり遊んだりする場合はGasという手数料がかかってきてしまいます。
つまり有料です。


ですが、このCrypropurrに関してはキティさえ手に入れればあとは無料で利用することができます!


その方法を、以前モバイルウォレットであるTrust Walletの記事で詳細に書いているので、こちらを参照して下さい。



キティ以外でも使える!

実はCryptoKittiesのキティ以外のERC721トークンでも同様のサービスを使うことができます。


現時点では、


CryptoBots(Beepbook)

FullSizeRender


Ethmoji(Mojibook)

FullSizeRender


Robohash(Robogash)

FullSizeRender


以上の3つのゲームキャラが使えますが、日本ではほとんどなじみがないので、私は使っていません。。


今後知名度のあるゲームが出てきたら一気にユーザーも増えそうですね!



ちなみに、先日ご紹介した日本人dApp開発者のオオキマキさんのDigital Art ChainでもこのトークンSNSが使えます!



こちらが私が発行したERC721トークン↓

FullSizeRender


このトークンでSNS上で投稿してみました!


FullSizeRender


キティなどのゲームキャラ以外でも、自分の好きな画像やアートでサービスを利用できるのが面白いなーと思います!




よくわからない人はとりあえず始めよう!


またほどんどの方がピンとこないと思われるERC721トークンSNS。


かくいう私も最初このサービスを見たときに、



「面白そう!でも、何がどう面白いんだろう?言葉にできないけど、なんか新しいなー!」


とよく分からない感想を持っていましたw


でも実際に使ってみると、これからのトークンエコノミーの時代においてあらゆるビジネスに応用できそうなことが分かってきます!


実際に私も毎日このCryptopurrでつぶやいて色々模索しているところです↓


FullSizeRender

サービス自体もまだまだ未熟ですが、日々アップデートされているので、ユーザーが増えるにつれてもっと充実してくるでしょう!


キティを持っていない方でも数百円で購入できるので、少しでも興味がある方は是非始めてみて下さい!
何か大きな気づきがあるかもです!






☆dAppsのアプリケーションまとめ☆
随時更新しているので是非ご覧ください↓