EA76F2D3-CBBC-4757-8019-9CDA2A7C70BF


最近デジタルアセットが話題になっているので、特に精力的に活動しているプロジェクトをご紹介。



「DADA」って何?

FullSizeRender

DADAは、ブロックチェーンテクノロジーを使ってデジタルアートを収集したり作成することができる分散型ソーシャルネットワークです。


現在のアート業界では、アーティストやクリエイターが十分な収益を上げられず、かつ自分の作品が偽造されたりするといった問題があります。



こういった問題をブロックチェーン・テクノロジーを使って解決し、アーティストの制作環境を改善しようと取り組んでいるんですね!



また、先日イーサリアム・ブロックチェーン界隈では有名なConsenSysの出資を受け、グループの一員になりました。



ブロックチェーン・アート部門では今後先頭を切っていくプロジェクトとなりそうです!



DADAのサイトはこんな感じです↓


B836AFF9-91D3-4701-8D65-9DD4139EA4CE


↑のアート以外にもたくさんあるので、自分の好きなアート作品を探したり、自分で作品をつくってアップすることができます。

仕様はシンプルで使いやすいです!


こんな合作もできるようです↓





ちなみに、モバイルウォレットのToshiにはすでに対応しています。


 



CryptoKittiesともコラボ!

31D9D340-EE83-4A92-8995-1AC20B46B03C

DADAはブロックチェーンゲームで1番有名なCryptoKittiesともコラボしています。




DADAは、CryptoKittiesのキティにつけるアクセサリーを提供しているKitty Hatsと提携し、自分のキティにアート作品を合わせることができるようにしています。


これ結構凄いことですよね!



ブロックチェーン・アートは今後注目!


アートは特に「デジタルアセット」という点で、ブロックチェーンゲームと同様に今後伸びていく分野だと確信しています。


先日、特殊な技術でつくられたCryptoKittiesの作品が約1,500万円で落札されました。



この落札額はブロックチェーンテクノロジーやアート作成をサポートする基金に当てられるそうです。


日本ではまだ信じられないことのように思われていますが、あちらではそれだけブロックチェーン・アートという分野に可能性があると認識されているのではないでしょうか。


となると、あと2〜3年後には大きな市場規模になり、「ブロックチェーン・アーティスト」という新しい職業も生まれているかもしれません。


特にアーティストやクリエイターのひとは今後重要なプロジェクトになってくると思うので、是非一度チェックしてみて下さい!





★DADAの他にもアート系のプラットフォームはいくつかあります!





☆dAppsのアプリケーションまとめ☆
随時更新しているので是非ご覧ください↓