モバイルゲームのプラットフォーム第3弾です。


「Game Loot Network」って何?

FullSizeRender

Game Loot Networkは、ブロックチェーンテクノロジーを使ってプレイヤーがゲームをすることでお金を稼いだり、ゲーム開発者が簡単にゲームデザインをすることができるようなプラットフォームを形成しています。


また、このプラットフォームではLOOTという独自トークンが使われます。


現在のゲーム業界の課題については、以前ブログに書いたALAXIQeonですでに述べているので省略しますね。



どんなメリットがあるの?

では、具体的にどのようなメリットがあるのか順番に見ていきましょう!



トーナメントで稼げる

FullSizeRender

Game Loot Networkでは定期的にLOOTトークンをかけたゲームトーナメントを開催します。

このトーナメントで勝てばLOOTトークンを稼ぐことができます!



インディゲームが作りやすい


FullSizeRender

まず、ゲーム開発者は自分のゲームアイディアをカタログにしてプラットフォーム上に載せます。


ユーザーはその中で自分が応援したいインディゲームアイディアにLOOTトークンを使って支援できるので、ゲーム開発者はそのトークンで開発をします。


その代わりに、支援したユーザーはそのゲームの売り上げの一部を受け取ることができます!


イメージがこんな感じです↓

IMG_3743


このようにLOOTトークンがあれば、

  • トーナメントに参加できる
  • インディゲームのスポンサーになれる
  • 余剰収入が得られる
  • オークションに参加できる

などといったことができ、プラットフォーム内で収益をあげることができるようになります!


うまくいけば結構な収入源になりそうですね!



ロードマップ


以下は公式サイトより引用します↓


FullSizeRender

2018年
  • プラットフォームのダウンロード開始
  • トーナメント開始
  • インディゲーム支援システム開始

FullSizeRender

2019年
  • β版のリリース


FullSizeRender

2020年
  • VRの導入でユーザーはプラットフォーム内で生活できるようになる(?)


FullSizeRender
今のところは2021年までの計画がアップされていますね。


個人的には「個人がインディゲームに出資できて、リリース後は売り上げの一部が入ってくる」という仕組みが面白いなと思いました!


今後の動向にも注目したいと思います!






☆dAppsのアプリケーションまとめ☆
随時更新しているので是非ご覧ください↓