IMG_3455

こんにちは、さんまり(@ganbariko)です。
今日はdAppsではなく、ノウハウのお話です。



最近、Twitterで「#図解チャレンジ」という名のタグが流行っているのをご存知でしょうか?


簡単にいうとこんなイメージ↓




私もそうですが、難しかったりイメージがしにくい文章は読んでいてもなかなか頭に入ってこないですよね。


このように、図解は入れることで自分の言いたいことがパッと簡単に伝えることができるので、とても便利です!


なので、今日は私がどのように図解をつくっているのかをお伝えしたいと思います!


★私はPCを使わずiPhone1台でつくっています。なので、PCを使用している方にはあまり役に立たない内容になるかもしれないのでご了承ください。




使うツールはたったの3つ!

私自身、実際に使っているのがこちら↓

  • ICOOON MONO(フリー素材掲載サイト)
  • Phonto(加工アプリ)
  • Skitch(加工アプリ)

では、どのように使うかを順番にご紹介してみきますね!




ICOOON MONOで画像をインストール


921EE50A-544A-49F9-A26B-158EE157A518


ICOOON MONOは無料でアイコンや画像が使えるサイトです。

こちらは他の無料画像のサイトが上の部分にリンク付けされているのですが、普段はこちらを愛用しています。


まずは画像をダウンロード!


C80D0DFE-2ABE-4562-8C99-C5AB94209298


カテゴリー検索で、


AC0D4CB3-052F-4B8A-9A9D-61766E1AAC2C

人物の画像を探しましょう。


7BF09584-7EC8-42D1-8D35-B542C20B18A8


こちらにしてみましょうか。


1A2D9382-1A3B-4D51-8B17-94EA78B3D904

ここで、

  • 256px
  • グレー
  • PNG(←どれでもOK)

を選択します。


C78C433E-8415-49A8-8B32-96ADF82D2337


下のアイコンをタッチ


7E22F1EE-A328-4B26-B8E6-101B4E724631


画像を保存で完了です。





Phontoの使い方

FullSizeRender


Phontoは、写真に文字を入れたり、自分で画像を作ったりできるアプリです。


0ADE3220-2302-4FC2-B326-1328F1E1ADF1


まずは、下のカメラマークを選択


DB39F42A-8911-4EFF-9841-242C70F1703A


プレーンな画像を使用する」を選択


4EC2FC2C-320D-4250-92EA-A9BF313F70E9


1番上で画像のサイズを選択できます↓


631F2C1F-7702-49A3-A0BF-411B3649E3C0


私は普段、「4:3」「3:2」の2つをよく使いますが、今回は「3:2」にしてみます。


68EB0097-7C9B-475B-87F6-EF72F7034C9E


サイズを選択したら、右上のアイコンをクリック


F3D6A03E-C98F-4A5E-BD5E-98544B0439AE


使用する」を選択

これで下準備は完了です!




では、実際に文字と画像を入れてみましょう!

まずは、シートをクリック

すると、↓の「文字を追加」と出てきますので、これをクリック


EC9FB2B3-603C-4DAF-98B8-D71C5CB393D6


今回は、私のブログタイトルを入れてみます!


70AEF0EE-EE82-4615-9F4B-00DC4EEE6471


文字を入れたら完了です



ここから文字を編集していきます!

主に使うのは↓の4つ

716478BD-2035-41C7-B287-CDC047C6E51D


文字の色を変えたり、背景色をつけたりするので②の「スタイル」を選択


66532AA1-90EC-4D25-A1B9-47F60B893349


ここで色の調整をしたりします。

できあがったのがこちら↓


75F64192-E766-442A-AB73-3A9468E940B5


ここで保存する場合は、カメラをクリックし、


BC9871D3-4041-41BC-8FDD-C0D6B5E6C964


画像を保存」で完了です。



ですが、今回はここにさらに画像を加えてみたいと思います!


6AB135E8-41C2-48A8-87B2-A98AB424BDF8


メニューを開き、「画像を追加」を選択


8A10EEBD-2220-49F5-9981-F7EC60051069


CryptoKittiesのネコにしてみます。

枠組みをこちらから選択できます。


DD989AAA-E53F-44E3-AF40-D38D994C327F


画像をタップし、「サイズ」を選択

ちょうどいいサイズに合わせます。


B4B3A829-2FDD-4654-8CA9-EFFA0FC9655B

これで完成です。
保存も忘れずにしておきましょう!




Skitchの使い方

FullSizeRender

Skitchはすでに使われている方が多いと思いますが、画像に線や囲みなどを自由に入れることができる編集アプリです。


先ほどのPhontoの説明でもこのSkitchを使っています。


Skitchには、写真・地図・WEB・PDFへ書き込める機能がついているのですが、今回はPhonto で作成した画像を使っていきたいと思います!


以前書いたブログ記事の中にこういう箇所があったので引用します。

①クローズドのマーケットプレイス

通常、1つのゲーム内のアイテム取引は簡単にできますが、違うゲームのアイテム同士を交換することは簡単ではありません。

この文章を図解化してみましょう!


まずは、Phontoで

IMG_3367

ここまでつくりました。

ゲームアイテムをトレードする図です。


ここからSkitchを使っていきます。


IMG_3534


左下の矢印アイコンをタッチすると、このように表示されるので、下から3番目の□を選択


IMG_3535


□を選択したら、このように表示されるので○を選択


IMG_3536

最後にカラーと太さを選択します


IMG_3368
このようにできました!


最後に再びPhontoで文字を入れて


IMG_3537

こんな感じで完成です!



実際に図解を作ってみよう!


では、実際に図解を作ってみましょう!


今回は↓を題材にします。




私はこんな感じで作ってみました↓


IMG_3477


なんで馬なのかは分かる人には分かると思いますw



スキマ時間で作れる!
 

私は普段子育てをしながら作業をしています。


基本的にまとまった時間がほぼ取れない上に、子供を抱っこしたりして片手がふさがっていることが多いです。


本当はがっつりPCに向かってやりたいのですが、結構タイプ音で子供が起きたりするので断念しました。。


なので、図解はすべてiPhone1台でやっています。


この記事は、副業でブログやライターをしているサラリーマンの方や、育児をしていて長時間PC作業ができない方向けに書きました。


普段時間がなくてなかなか作業ができないことに不満を感じていませんか?
私はとても感じてますw


でも、スマホなら片手で作業ができるので、通勤や休憩時間・子供の昼寝や夜寝る前のちょっとしたスキマ時間でもつくれるのでオススメです!


もし「これから図解にチャレンジしてみたい!」「時間がないからサクッと作業したい!」という方がいたら是非参考にしていただければと思います!



✔️今回使用したツール↓

ICOOON MONO

Phonto

Skitch



✔️図解のノウハウをもっと知りたい方はこちら





☆dAppsのアプリケーションまとめ☆
随時更新しているので是非ご覧ください↓