IMG_3012

今日メインネットがリリースされたのでご紹介。


Dether」って何?
6FDC944A-25F1-4AA3-B838-6F845DE5CFDA

Detherは、ユーザーやお店が手軽に仮想通貨でやり取りをするためのPtoPネットワークシステムです。


FullSizeRender

上の図のように、世界中で広がっているブロックチェーンテクノロジーを誰もが簡単にアクセスできるようにすることをミッションとしています。



仮想通貨売買の課題


今の仮想通貨の売買には、

①時間がかかる

②複雑で理解がしにくい

③取引には銀行口座が必要


といった課題があり、これをDetherは解決しようとしています!


どんな特徴があるの?

では、Detherにはどういった特徴があるのでしょうか?

大きく分けて5つあげられます。
順番に見ていきましょう。



①買い手・売り手の通信の安全性
935D29DD-87BD-4FBD-A262-E6D1D3271769

Detherは、売り手と買い手が匿名で通信ができる完全暗号化されたPtoPのメッセージシステムを使用します。

また、分散型のしくみをとっているので仲介者を経由せずに直接取引ができます。



②資金は自分で管理
1B37FA34-E203-44E5-A4F0-44929BC8FDAC

売り手は自分の売りたい分だけイーサリアムをDetherウォレットに移せます。

なので、買い手は売り手がどのくらいイーサリアムを売りたいかがすぐに確認できます。



③安全な信頼評価システム
1FD612F3-043A-4625-B0D5-86EC610BE5F2

Detherはスマートコントラクトをベースにした評価システムを採用しています。

売り手と買い手は、成立した取引金額と件数に応じて、評価を受けます。



④モバイル対応
C945F811-85F3-4A69-B92C-E0D8530DAD02

今や時代はモバイルウォレットです。

自分のスマートフォンが銀行になり、イーサリアムがその通貨として利用されます。



⑤イーサリアムコミュニティが地図上で見つけられる
F1C9C32A-6BA9-4F12-B370-9ACDD4ED2A1B

Detherの地図上では、イーサリアムの売り手・買い手のほかにもイーサリアムを決済手段として使えるお店までも表示されます。



メインネットがリリース!
18E39E05-921A-4FA4-B9C1-0E243D4E698B








DTH Token

Detherでは独自トークンであるDTH Tokenを使用します。

DTHトークンをもっていると、


① 売り手やお店がDTHトークンを持っているとDether上のマップに表示されるようになっています。

②Detherマップに表示される頻度が高くなる

③取引が成立した時にアフィリエイト報酬がもらえる

④Detherプラットフォームを利用できるので、分散型アプリケーション(dApps)のインターフェースやAPIになる


といった特典がつきます。


より個人の時代へ

Detherのようなネットワークが発達してくると、個人間の金銭・仕事のやり取りがもっと盛んになってくると思います。


例えば、

・フリーランスでアクセサリーを作っていて、ネットショップ以外でもリアルタイムで販売をする

ということも安全にできるようになりますね。


これを応用して色々なことができそうです!

気になる方は是非見てみて下さい!






☆dAppsのアプリケーションまとめ☆
随時更新しているので是非ご覧ください↓




★dAppsゲームのBitPetにハマり中★