IMG_2526
こんにちは、さんまり(@ganbariko)です。
先日リリースされたばかりのdAppsを紹介します!


Tabby Pay」って何?

IMG_2537
Tabby Payは、イーサリアムの送金ミスを防ぐためにつくられたスマートコントラクトであり、BlockCATのプラットフォームで作られています。

☆BlockCATって何?という方はこちらの記事を参照して下さい!



みんなイーサリアム送金するのがこわい

FullSizeRender
BlockCATが実施しているアンケートによると、以下のような結果になったそうです↓

FullSizeRender


・ウォレットのプライベートキーを持っている(74%)
・送金ミスを心配している(94%)
・実際に送金ミスをしたことがある(11%)


私もdAppsのゲームをよくするのでその際に送金したりしているのですが、確かに

「アドレス間違ってない!?」
「ちゃんと送金されてる!?」

と、何回も何回も確認してしまいますw

ほとんどのユーザーが心配しているみたいですね。

加えて、10人に1人は間違ったアドレスに送金をしてしまっていることから、まだまだ送金ミスに対する不安はなくならないでしょう。

こういった現状があるので、BlockCATはTabby Payをつくったというわけです!



どういう仕組みになってるの?

FullSizeRender
では、実際にどのような流れになるのか見ていきましょう!


・イーサリアムを送る

FullSizeRender

まず、ユーザーが支払うイーサリアムはTabby Payのスマートコントラクトを通ることになり、これによってTabby Pay側は送金先に関する情報が入った支払いデータを見ることができます

なお、Tabby Payのウォレットはユーザーの支払い額を預かるだけなので、実際に送金するわけではありません


・受信者を確認

FullSizeRender

「保留中の支払いがありますよー」と受信者に通知すると、彼らはイーサリアムを受け取るためにTabby Payにやってきます。

受け取るウォレットが自分のものであることを証明できないとダメなので、彼らはTabby Payのコントラクトに自身のウォレットデータを送ることになります。

つまり、Tabby Payは

①ユーザーから受け取った送金先のアドレス

②受信者から受け取ったウォレットのアドレス


この2つのデータを把握することができるので、間違いがあれば実際にお金のやり取りが行われる前に気づくことができるというわけです!


・支払いをキャンセル

FullSizeRender

仮に①と②が一致しない場合、Tabby Payのコントラクトはウォレットにイーサリアムを返却するので、利用者は支払いのやり直しができます


いかがでしたか?
これはすごい画期的なシステムですよね!

送金ミスへの不安が減ることで、よりイーサリアムでの決済が盛んに行われていくと思うのでかなり期待しています!

もうすでに利用することができますので、気になる方は是非触ってみて下さい!





☆dAppsのアプリケーションまとめ☆
随時更新しているので是非ご覧ください↓



★dAppsゲームのBitPetにハマり中★