こんにちは、さんまり(@ganbariko)です。
今日は仮想通貨国家であるリバーランド(Liberland)についてご紹介します!



リバーランド(Liberland)ってどこ?

FullSizeRender

リバーランドはクロアチアとセルビアの間に位置します。

FullSizeRender
国土はだいたいバチカン市国やモナコと同じくらいの大きさです。

FullSizeRender
リバーランドはもともと正当な政府によって統治されていない無主の地でしたが、現在の大統領であるVít Jedlička氏が好機をつかみ、2015年4月13日に国家として成立しました。


どの仮想通貨が使われてるの?

リバーランドでは、ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・ビットコインキャッシュ(BCH)の3つの仮想通貨が使用されています。

現在、リバーランドは寄付による資金提供を受けており、寄付をした人は「Merit」と呼ばれる仮想通貨を受け取る仕組みを取っています。

(この「Merit」は独立3周年を記念して4月13日に正式にローンチされる予定。)

また、ブロックチェーンテクノロジーやデジタル署名された文章に基づいた法律制度も計画しているとのこと。

近い未来はこういう国も増えてくる!

最近では、トルコ・イラン・ベネズエラが独自のトークン発行の流れに乗っており、特にイランやベネズエラは意図的に経済制裁を受けていることが起因していると思われます。

【参考:トルコイランベネズエラ
将来的には、こういった国家や地域が独自のトークンを発行してミクロ経済圏を自ら作っていく流れがどんどん出てくるでしょうね!

日本国内でも地域復興と絡めて色々なことができそうなので、今後の動きに期待です!