FullSizeRender

こんにちは、さんまり(@ganbariko)です。
学問のひとつとして本格的に取り上げられていますね!


大学で仮想通貨が学べる!

最近、世界各国でビットコインやブロックチェーンが学べるコースをつくる大学が増えてきました。

日本ではまだ仮想通貨というと「投機の対象」としてのイメージが強く、このテクノロジーに関してはまだあまり認知されていません。

[参考記事]


ですが、アメリカやロシアなどでは「新しいテクノロジー」として体系的に学び、その技術への理解を深めようという動きが出てきています。
実際に、仮想通貨の開発が積極的に行われているのも海外なので、この理由にも納得です。


具体的にどこの大学で?

FullSizeRender

では、実際にどのような大学で行われているのでしょうか?

この記事を書いている時点でいうと、

・カーネギーメロン大学(アメリカ)
・コーネル大学(アメリカ)
・デューク大学(アメリカ)
・マサチューセッツ工科大学(アメリカ)
・メリーランド大学(アメリカ)
・ニューヨーク大学(アメリカ)
・モスクワ大学(ロシア)
・ロシア国立研究所大学経済高等学校(ロシア)
・サンクトペテルブルク財政・経済学大学(ロシア)
・モスクワ物理工科大学(ロシア)
・モスクワ鉄鋼合金製造大学(ロシア)
・ロイヤルメルボルン工科大学(オーストラリア)

などがあげられます。

[参考記事]


仮想通貨やブロックチェーンが新技術ということもあって、工学系の大学が多いですね。
アメリカとロシアはさすがという感じ。。


日本の大学もどんどん導入してほしい!

FullSizeRender

現在、日本の大学では講義として仮想通貨を勉強することはできません。

おそらく、まだ日本にはこの分野での専門家があまりいないからだと思います。。

調べたところ、日本大学生産工学部の講演会?で少し取り上げられたようです。詳細はこちら

だた、これはあくまで「通貨としての可能性」に焦点をあてているので、ブロックチェーンテクノロジーが学べるものではないですね。

ただ、日本は世界的にみても仮想通貨に対してオープンなので、今後は専門家や研究者もどんどん増えてくると思います。

自分の子供が大学に行く頃にはしっかりとした「学問」になっていたら面白そうですね!
そしたら私も少し授業受けてみたいです!