私自身知らなかったので、この記事は自分の勉強用に書きます!



STOって何?

IMG_4680

「セキュリティ・トークン」とは、現実世界で取引が可能な資産によって裏付けされている通貨のことを指します。


株式とかがイメージしやすいですね。


株式のような「金融商品」には必ず規制がかかってきます。


同様に、「規制の存在するトークンは金融商品とみなそう!」となったのがこのSTOなんですね!




ICOとの違いは?

IMG_4679

仮想通貨業界ではよく耳にするICO(イニシャル・コイン・オファリング)


元々は参入障壁の低い資金調達方法で、一般的な投資よりも幅広い層が参加できるという点でこのICOを行うプロジェクトがほとんどでした。


ですが、スキャムや詐欺が数多くあり、中には十分な資金が調達できずドロンしてしまうものもあるのが現状です。


こういった問題を解決するための新しい資金調達方法としてSTOが登場しました!




STOのメリット・デメリット


まずはメリットから。


先程も述べたように、規制のもとで発行されたトークンは一定の基準を満たしているものしかありません。


つまり安全なトークンしかないので、私たち投資家がスキャムや詐欺でだまされる心配も皆無です。




次にデメリット。


一定の規制がかかると、出資できる投資家自体を限定することになります。


そうなると、以前話題に上がったTelegramのICOのように一部の富豪や資産家のみが出資でき、一般のひとが出資することができなくなります。


ICOの良さである「誰もが参加・出資できる」といったクラウドファンディングの要素がなくなってしまうため、仮想通貨・ブロックチェーンが目指す「分散化」にはほど遠いように感じます。


この辺りは難しい問題ですね。




いくつかのプロジェクトが採用検討




すでにSTOを使ったプロジェクトもありました。



最近規制の非常に厳しいICO。


その代替案としてSTOが積極的に採用されるのか。


この辺りはもう少しSTOを採用したプロジェクトの動向を見てみないと分かりませんが、今後採用は増えていくでしょうね!


また何か関連するニュースがあれば追記していきます!





☆dAppsのアプリケーションまとめ☆
随時更新しているので是非ご覧ください↓